About

デプラポールショコラティエについて

創業は1958年『DEPLA CHOCOLATIER(デプラ ショコラティエ)』。ベルギーの古都ブルージュで最も古いショコラトリーです。
ブルージュはベルギーの北部、フランダース地方に位置しており、小さな街の中に50以上のたくさんのチョコレートショップがある為チョコレートの首都とも言われています。
創業者はアルフォン・デプラ氏。
1987年に息子のポール・デプラ氏が後を継ぎ、DEPLA POL CHOCOLATIER(デプラ ポールショコラティエ)のオーナーショコラティエとして父親から受け継いだチョコレートを守っています。
先代より、地元に愛され今では地元だけでなく観光客も足繁く通う人気チョコレートショップです。
ポール・デプラ氏は、過去にはベルギー代表の一人として2010年上海万博、2012年韓国万博、2015年ミラノ万博の際にデモンストレーションを行いました。

カカオの風味豊かな味わい

特にカカオに拘り、常にカカオの風味を損なわない製法を取っています。極力添加物も使わない為、賞味期限は長く有りませんが、カカオの香り高く、程よい甘さと口どけの良さが自慢のチョコレートとなっております。
常にフレッシュなチョコレートを日本に届けるため、毎回ブルージュより空輸致します。
また、カカオ以外にも拘り、チョコレートに使われるリモンチェッロやキャラメル等も自家製のものを使用しています。

大手チョコレートショップの様に工場でオートメーション化され量産されているものではなく、今も尚、ハンドメイドにこだわっている為、粒が大きく均一ではないが温かみのある形も特徴の一つです。

日本初進出!

「DEPLA POL CHOCOLATIER」は、ベルギーの中でもブルージュの1店舗と原宿店舗のみ。今まではブルージュでしか味わえなかったこのチョコレートを、毎回空輸し、品質をそのままに販売しております。また、原宿店舗限定BOXやショッパーがございます。

PAGE TOP